ページトップへ

ブログ

  • 川端拓也川端拓也
  • iPadという魔法の道具

  • 2014/09/12(金) ひとりごと

お世話になっております。丸越、川端です。
いきなりですが、今回は話題のニュースを取り上げたいと思います!

「量販店に列200人=iPhone6予約開始 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00000158-jij-soci YAHOO!JAPANニュース2014年9月12日現在」

ついに発表されましたね、iPhone6!!このblogを読んでいる皆様の中にも、もう予約済なんて方がいらっしゃるのではないでしょうか。
私もiPhoneユーザーです。スマートフォン、持っているとやはり便利ですよね。道に迷ってもその場で地図を出せますし、困ったことがあったらすぐに調べることができる。非常に便利なツールだと思います。ただスマートフォンは画面が小さく、書類などを読んだり確認するのには少し無理があります。お仕事で使うのであれば、スマホ以外にもタブレット端末があったらとても便利ですよね。

そんなタブレット端末ですが、先日丸越事務所内で私が発見しました。

 



iPad、しかも2のようです。事務所の電子機器の棚に、あまり使われることなく寂しく置いてありました。もっと使えばいいのにと、そう考えて常務に聞いてみました。

堀越常務「たぶん、誰も使わないんじゃなくて使えないんだよ」。

みんなよくわからず、デジカメ代わりに写真を撮るくらいにしか使っていないらしいです。元々は1台あると便利だろうということで、社長が購入したみたいです。僕は思いました。


勿体ない。

 

これ1台で、業務がどれだけ楽になることか!
ということで、現在はほとんど僕の専用機のように使っています。社長からも「若い人が自由に使えばいい!」とのお言葉を頂きました(笑)。写真を撮るだけでなく必要な資料を入れたり、Todoリストのアプリを入れて使ったり、PCを外出先から操作できるようにしたり・・・色々と出来るようにしました。
営業は事務所にずっと居ることができないので、外出先でも情報を集めることができるiPadは本当に便利です。重宝しています。 

iPad、本当に便利なアイテムです。もっと上手く使えれば、業務の効率化とお客様への提案力をもっともっと高められるかもしれません。
これからはこれを使って、お客様にわかりやすい提案・ご説明ができれば幸いです。

丸越 営業部 川端拓也

 

記事一覧 | 2014年9月