ページトップへ

ブログ

本年ご愛顧いただきましてありがとうございました。

たくさんのお客様に支えられて今年も一年を終える事が出来ました。

今年の私事ですが会社を社員とともに社会に必要とされる会社にすることを目標に一年間頑張って参りました。

私たちは、建設業のように建物を建てて形にのこる仕事ではないですし、小売業のように物をお客様に購入して頂いて喜んでいただく

仕事でではありません。

私たちの存在意義はお客様に廃棄物を片付けきれいにすることが私たちの仕事です。

この下の写真は私の子供が書いてくれた会社のトラックの絵なのですが、

「お父さん絵を描いたから見に来てほしいと」子供から言われて何の絵を描いたの?ときたらみるまで内緒って言われ

絵を飾られている施設に観に行ったっときの一言に私もこの会社の存在意義を考えさせられる言葉をもらいました。

その言葉は「お父さんの会社がなかったら町中にごみがあふれてみんながこまるんだよね。」この言葉に

私自身の迷い会社の迷い全てが解決いたしました。私たち丸越はお客様のために廃棄物を片付けて住みよい街づくりに寄与する事が

目的だったことを再認識いたしました。子供の頃の私はごみ屋さんの息子だから臭いやいじめの対象になっていましたが、親の仕事が

嫌でしょうがなかったです。

 

今まで会社がある事、それは、従業員やお客様なにより母や父が今までごみに真摯に向き合ってきたからこそと思います。息子の言葉で

私自身本当に恥ずかしく思いました。

 

丸越は来年で創業50年を迎えます。何度も重ねてになりますが、これはお客様にご愛顧して頂き真摯に仕事に向き合ってきた社員の

 

おかげです。

来年も大好きな社員とお客様とともにごみを片付ける事でみんなが幸せになれる会社を作ります。

来年もよろしくお願いいたします。

堀越 正和

 

記事一覧 | 2015年12月