ページトップへ

知っておきたいゴミの話

正しいゴミ処理でクリーンな暮らし

 

廃棄物とは

人が暮らしていく上で、避けることができないゴミ処理の問題。正しくゴミを処理することは、自分達が快適に暮らすことばかりではなく、近隣、地域の環境を美しく保つことにもつながります。私たち丸越のスタッフは、皆様が正しいゴミ処理をスムーズに行なえるよう、全力でバックアップいたします。

ひと口にゴミと言っても、様々な種類があり、それによって処理方法も異なります。
ここで、少しおさらいをしておきましょう。
廃棄物は大きく2種類に分けられます。1つは家庭から出る一般ゴミ(一般廃棄物)です。
そしてもう1つは、事業活動に伴って排出される産業廃棄物です。

 

処理責任は誰にある?

一般廃棄物は市町村に処理責任があります。それに対し、産業廃棄物はそれを排出する事業者が、責任を持って処理しなくてはなりません。

法的に取扱いが異なるため、産業廃棄物は一般廃棄物の処理施設での処理・処分が許されておらず、産業廃棄物を処理できる許可を受けた「産業廃棄物処理事業者」に委託することが必要になってきます。

また、レストラン・飲食店から排出される残飯や、造園業から排出される剪定枝・枯葉、食料品製造業や運送業などから排出される紙くずなどは、事業に伴う廃棄物ではあっても、産業廃棄物の扱いは受けず、事業系一般廃棄物と位置づけられます。これらの廃棄物は、事業者が自ら処分するか、市町村または市町村から許可を受けた「一般廃棄物処理業者」に処分を委託しなくてはなりません。一般廃棄物処分業の許可を受けていない産業廃棄物処理業者に委託した場合は違法となってしまいますので、注意が必要です。

ゴミの種類 責任者 処理・処分を行なえる者
家庭ゴミ
一般廃棄物
市町村 市町村
市町村から委託された業者
事業に伴うゴミ
産業廃棄物
事業者 許可を受けた産業廃棄物処理業者
事業系一般廃棄物 市町村ではあるが、
事業者の国及び
自治体の施策に対する
協力が求められる
事業者
市町村
許可を受けた一般廃棄物処理業者

 

正しい処理業者の探し方

ゴミの処理方法については、法律で厳しい基準が定められています。特に産業廃棄物については、処理方法を誤ると環境破壊や健康被害にもつながりかねないため、経験、実績とともに、適正処理への取組みを常に怠らない姿勢が業者に求められます。

事業者様にとっては、価格も業者選びの重要なポイントになると思いますが、処理業者の誠実さ、正確さ、透明さ、人間性などもぜひ考慮していただくことをお勧めします。処理完了まで排出事業者は責任を問われます。適正な処理、環境に配慮した処理を、きちんと行なえる業者を見極めてください。

許可を受けた業者の検索や、その業者がどのような種類の廃棄物を扱えるかなどについての情報は、各自治体のホームページなどで確認することができます。

群馬県の産業廃棄物処理業者についての情報はこちら

 

ゴミ問題のプロフェッショナル
(株)丸越 代表取締役 堀越 正和の「知っておきたいゴミの話」

ゴミ処理業者が淘汰される時代

ゴミ処理・運搬を業務としている会社は全国に多数存在します。しかし、ひと口にゴミ処理の会社と言っても、扱う物や得意分野が異なっており、業者を選ばれる場合にはそのあたりを考慮された方が、より満足度の高い結果を得られると思います。

ではゴミ処理の会社にはどのようなバリエーションがあるのでしょうか。扱う物で言うと、鉄くずを専門に扱うところ、プラスチック専門、廃材専門、古紙専門といった具合です。そういった会社は建設現場や工場などを得意先としているため、会社、マンション、店舗、飲食店などの一般ゴミを扱っている会社に比べると、サービス業という意識がやや薄くなりがちです。一概に決め付けることはできませんが、一般客相手の商売をされていて、きめ細やかな対応を望まれる場合には、サービス業的な意識を持った業者との方が、話がスムーズかもしれません。

いま時代は、いかに安全に正確にゴミを処分できるかということを、厳しく問い始めています。これまでは現実を法律が追いかける形で、様々な条例や規定がつくられてきました。しかし、これからは理想に現実を近づけるための力が問われる時代へと、どんどん変化していくことでしょう。法を遵守することはもちろん、むしろそれに先んじるほど、環境に対する高い見識と意識を持って取り組むことのできる業者だけが生き残る時代が、すぐそこまで来ていると思います。