ページトップへ

訪問介護

訪問介護サービスセンター 丸越

 

身のまわりのお手伝いをしても、個人の自主性を尊重

個人が自立した生活を送れるよう、様々な支援を行なうのが訪問介護です。訪問介護の中身は「身体介護」と「生活援助」とに分けることができます。

  • 「身体介護」 清拭、入浴介助、通院介助、オムツ交換、一緒に外出など
  • 「生活援助」 掃除、布団干し、洗濯、調理、買い物、話し相手など

あまりヘルパーが先回りしてやってしまうと、かえって身体機能が失われる可能性があるため、自分でできることは自分でしていただくことをモットーにしています。そのあたりの見極めは、経験を積んだヘルパーが注意深く行なうようにしています。

一人の利用者様に対して、何人かのヘルパーが交替で伺うため、横の連絡を密にし、利用者様に負担を与えないように努めています。

料金について対応可能エリア・アクセス
お問合せフォーム

 

訪問介護

 

サービス提供責任者 岩井田美華

真面目で働き者の仲間に支えられて

岩井田美華

 

私がヘルパーになったのは、家事の延長のような仕事なので自分にもできるかな、という単純な考えからでした。でもなってみるとそう簡単なものではありませんでした(笑)。

お家に伺って、ただ家事をすればいいというものではなく、その方がいきいきと人間らしく日々を送ってくださるためのお手伝いですから、何をすればいいという答えがそうそう簡単には見つからない。掃除をしてくれ、と依頼されたとしても、掃除そのものよりも、一緒にお話をすることの方を求められている場合だってあるんです。ぶつかりながら、試行錯誤しながら、だんだんその人が求めているものをわかっていくしかないですね。人の気持ちをわかろうとする姿勢が、この仕事にはとても重要なのではないでしょうか。

丸越の介護スタッフは、基本的にとても真面目な人ばかりです。たぶん所長が真面目だから、真面目な人が集まるのだと思います。真面目なだけに様々な問題にも正面からぶつかってしまうことも多いですが、仲間がいてくれるので頑張れます。これからもきっと不器用に、ひたすらコツコツ歩いていくんだろうなと思います。